悠里

記事一覧(163)

気象病には耳つぼをどうぞ♪

6月も暑い日が多い予報だそうですね。さて、これから梅雨時期に入っていきます。ここで気になってくる体調は、六月病や気象病。ウェザーマップのニュースで気象病について載ってましたので、そちらも含めて、紹介します!梅雨時期になると多くなる症状は⚪めまい⚪頭痛⚪だるさ⚪不安⚪うつなど、気温や湿度、気圧などの天気の変化によって出る体の不調のこと「気象病」と言います。特にめまいなどは、雨が降る前、低気圧の接近時に気圧が急降下することが発症の引き金になるそうです。気象病・天気病外来を開設する、せたがや内科・神経内科クリニックの久手堅司院長の話では、「気象病は特にめまいを訴える患者さんが多く、耳が関係しているといわれています。飛行機に乗ると耳がパンパンになるように、耳が気圧の変化を感知します。それが伝わることで自律神経が乱れ、体の不調が外に出やすくなると考えてください。去年は梅雨時期に患者が多くなりました。予防としては、体のゆがみが出ないように日ごろから姿勢を正すことが大切で、耳のマッサージも効果的です」とのこと、ここでは、耳マッサージとして、ストレッチをしてましたので紹介します。耳を両手で持って、⚪横にひっぱる⚪まわす⚪上下にひっぱる⚪耳の中を押すといった動作をそれぞれ10秒程度行うものです。